ボブログ

【卒業式 髪型】友だちと被りたくない人に! Z世代が提案する2022年卒業アレンジ

3年目となるコロナ禍での卒業式。今年も卒業生のみの参列に限定し、規模を縮小して開催する大学・高校が多そうです。

 

「卒業式は友だちと絶対にヘアや着物が被りたくない」と願う女子たちの気持ちに応えているのが、ヘアアレンジで圧倒的な支持を得ている25歳のヤマダナナミさん。

 

横浜でサロンワークを行う傍ら、ヘアアレンジのマンツーマンレッスンやオンラインセミナーも大好評のナナミさんに、2022年の卒業シーズンにお勧めしたい「人と被らないヘアアレンジ」を聞いてきました。

 

 

ヤマダナナミさん(25歳)

ナナミさんのウリは、独自性のあるデザインとヘアカラーとの組み合わせ。

人と被らないヘアアレンジが注目され、今年の成人式は深夜2時から40分刻みで26人のヘアアレンジを仕上げたというから驚きです。

 

 

 

 

お勧めしたいのはカジュアルすぎない“ポニー編みおろし”

 

 

 

 

 

 

 

ナナミさん
ナナミさん
ポニー編みおろしは、髪が着物の襟に当たらないため崩れにくく、かわいらしい印象を与えることができます。

 

デザインするときに気を付けているのはカジュアルになりすぎないこと。顔周りのコテ巻きのデザインや飾りとのバランスが賑やかになりすぎて、子供っぽくなりすぎないように。

 

また、編み方を工夫して、少しタイトな部分をつくって袴や着物に合うデザインを意識しています

 

かわいい感じにしたいのか? 綺麗めにしたいのか? 個性をどれくらい出したいのか?

微差で大きく印象が変わるアレンジは、カウンセリングが命。

 

InstagramのDMで事前に細かくカウンセリングを行い、イメージ画像をすり合わせて慎重に準備を重ねます。

 

 

 

ガーリーすぎないツインテール

 

 

 

ナナミさん
ナナミさん
できる限りヘアカラーとの組み合わせで提案したいと考えているので、このユニコーンカラーも私が提案させていただきました。

 

遠方のお客さまでインスタを見て来てくれたのですが、結婚式に参列するにあたり個性的でヘアデザインにしたいという要望があったのでツインテールに。

 

皆さん、人被りたくないとおっしゃるのですが、ヘアデザインやヘアカラー、飾りだけ変えても結局人と被ってしまう・・・。

 

だからヘアデザイン、ヘアカラー、着物、アクセのトータルバランスを考えて、人と被らず、その方の雰囲気に合うデザインを提案したいと考えています

 

 

 

かわいいけれどガーリーすぎないツインテールは、10代〜20代のお客さまだけでなく、人と違うオシャレなスタイルに挑戦したいすべての女子に提案できるようブラッシュアップ。

 

タイトな部分を必ずつくりながら、タイトな部分にほんの少しモコモコっとしたやわらかさをプラスするのがナナミ流。

 

2本の編みおろしはそれぞれ異なるデザインで、あえてのアンバランスを狙うことで他の誰とも被らない唯一無二のツインテールに仕上がるのだ。

 

 

 

ツインテールはバリエーションも豊富! ツインテールの位置をずらして、おさげ風に。

 

 

ヘアカラーと左右の編み方を大きく変えることで人と被らないツインお団子。

 

 

元気な印象になるポニーツイン。

 

 

王道シニヨンにも“アンバランスさ”を

 

ナナミさんとしては個性的なアレンジを推したい想いもあるそうですが、実際はナチュラル志向のお客さまも多く、ナチュラルな中に人とほんの少しの違う部分がほしいという要望が多いようです。

 

ナチュラルな中にどう違いを出すか?

 

狙うは「アンバランスだけど絶妙なバランス」。

決してアンバランスさを狙うことだけが目的ではなく、最も大切なのは、それぞれの方が持つ雰囲気を活かせているかだといいます。

 

飾りは持ち込む人も多いそうですが、知り合いのハンドメイド作家と相談してオーダーメイドのヘアアクセを提案することも多く、飾りで人との違いを出しつつ、「アンバランスな絶妙バランス」を狙うようにしています。

 

 

 

お客さまと相談してつくったオーダーメイドのヘアアクセ。

 

 

人と被りにくいヘアアクセは水引と金箔。

 

ドライフラワーは絶対的に人気ですが、デザインによっては被りにくいアイテムです。

 

ラメをジェルにして顔周りにつけたり、金の紐をUピンとして使ったりするのも人気で、

既製品のヘアアクセよりは、素材屋さんで買ってきて相談しながら、ヘアデザインと組み合わせることも多いそう。

 

デザインイメージを掛け合わせながら、用意したアクセを使ったり使わなかったり・・・。

 

ヘアデザインは、基本はお任せだけれど、きっとナナミさんと色々相談しながら一緒につくっていく過程がお客さまにとっても楽しい時間で、そういった時間も含めて、一生思い出に残る1日をナナミさんは提案しているのだと感じました。

 

 

 

 

成人式の裏話。大変だけど楽しかった!

 

今年の卒業式は3月初旬の高校生の卒業シーズン、3月末の大学生の卒業シーズンに向けて、すでに30件以上の予約が入っているというナナミさん。

 

今年の成人式の予約は前の年の春から一斉募集で取り始めたものの、すぐに枠が埋まってしまい、前日の夜に来てもらった人も6〜7人。

 

 

 

 

 

深夜0時までヘアカラーとアレンジをやって、仮眠を取る時間もなく深夜2時から当日予約のお客さまがビッシリ26人。

 

コロナ禍の成人式は人数制限の関係で、横浜市の成人式は時間を分けて4部制。

そのため朝からお昼過ぎまで40分刻みで26人のアレンジを仕上げ、さらにその後17時からは同窓会アレンジの予約がチラホラ。

 

今年の卒業式までは40分6000円で設定しているヘアアレンジですが、来年の成人式からは1時間1万円に変更する予定だそうです。

 

ナナミさん
ナナミさん
現在設定している40分ですと、飾りをこだわる分バタバタしてしまったり、お写真を撮る時間がなかったり・・・・・。

 

来年の成人式からはもう少し1人にかける時間をしっかり取って、1人ひとりの晴れの日のヘアに今以上に向き合いと考えています

 

 

アレンジとヘアカラーをもっと融合させていきたい

 

ヘアカラーとの組み合わせでアレンジを提案していきたいと考えているナナミさんの支持が徐々に高まり、アレンジきっかけのリピート客も確実に増えてきました。

 

リピートの理由はもちろん独自性のあるヘアカラー!

 

成人式や卒業式のその日だけでなく、事前の準備や提案を通して、1人ひとりのお客さまに本当に似合うヘアカラーを追求している姿勢がリピートにつながっているようです。

 

まだ25歳と若いながらもやりたいことが明確で、自分らしいヘアアレンジを探究する姿勢が魅力的なナナミさん。

 

「ヘアアレンジ展開図」を用いた独自のアレンジ解説法の提案など、アレンジ業界に新しい旋風を巻き起こしていくであろう今後の動きが気になります!

 

ナナミさんが考案したアレンジ展開図はわかりやすい!と好評。

 

profile

ヤマダナナミ

1996年8月18日生まれの25歳。神奈川県出身。国際総合ビューティーカレッジ卒業。横須賀市、横浜市でのサロン勤務を経て、現在は横浜市の業務委託サロンで10代〜20代の女の子たちから絶大な支持を集める。アレンジ解説に定評があり、「アレンジ展開図」は業界内外で注目されている。Instagramはこちら

yahagi

AUTHOR /yahagi

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /