DAIRY NEWS
サロンシャンプーの価値を高めるサステナブルな頭皮ケア【PR】

サロンシャンプーの価値を高めるサステナブルな頭皮ケア【PR】

211

(左から)ルベル ワン リファイニングジェル(頭皮用トリートメント)、リファイニングパウダー(頭皮用洗浄剤)、シャンプー スリーク、シャンプー ソフテン、シャンプー ボリューム、シャンプー モイスチュア、エッセンス(頭皮用美容液)、エマルションオイル〈ヘアトリートメント〉、ヘアトリートメント キューティクルプラス、ヘアトリートメント キューティクル

※この記事はルベル/タカラベルモント(株)とのタイアップです

ルベル ワンとは?

幹細胞にインスパイアされて誕生したヘアケアシリーズ。その最大の特徴が独自のケアメソッド。毎日の習慣であるホームシャンプーで頭皮と髪の潤い密度を上げながら、頭皮のターンオーバー周期(28日)に合わせ、プロの美容師による4分のサロンケアでクリアな頭皮へとリセットしてくれる。

POINT
サロンシャンプーでホームケアではアプローチしにくい糖の膜(バイオフィルム)などの汚れを酵素(アミラーゼ、リパーゼ、スブチリシン[洗浄])で洗い流し、毎日のケア成分をなじみやすくする。

POINT
先進の研究で発見されたαGルチン(グルコシルルチン[潤い]※写真)の力と洗浄成分30%カット(イオセラム クレンジング比)のホームシャンプーで頭皮や髪が本来保持する潤いに着目したケア

ルベル ワンがサロンの経営課題にフィットする理由

サロンシャンプーに付加価値を与えながら、サロンの経営課題をもれなく解決してくれるルベル ワン。店販を含めた売上アップ、効率化による人時生産性向上、顧客のロイヤリティ強化など、さまざまなベネフィットがもたらされる。

オーナー

単価アップしたい!

サロンシャンプーの価値を向上
ルベル ワンのサロンケアはメニューとして①導入しやすい ②実感してもらいやすい ③継続してもらいやすい と三拍子揃っている。幅広い顧客に受け入れられやすく、単価アップの施策としてスムーズに導入できる。

店長

店販文化を育みたい!

メニューとの連動で店販が売れる
ルベル ワンのサロンケアとホームケアは連動している。仕上がりの良さをその場で体感してもらえるため、スタッフは店販を提案しやすくなり、店販文化も育めるようになる。

オーナー

シャンプー台の回転率を下げたくない!

4分のサロンケアだから人時生産性アップ
頭皮ケアや手技を研究し、導かれたのが4分の凝縮されたケアメソッド。揉みほぐしの手技やホットタオルも組み込まれ、アシスタントでも取り組みやすく、十分な顧客満足を得ながら人時生産性を高めることができる。

スタッフ

高感度なお客さまから支持されたい!

日常に溶け込む28日と4分のケアメソッド
ホームケアとサロンケアが連動した28日&4分のケアメソッドはまさにサステナブル。日常に溶け込むような頭皮ケアを無理なく継続できる。

「美を生む力」に働きかけるサステナブルな処方
ケアメソッドもさながら、αGルチン(グルコシルルチン)など先進の研究から生まれた頭皮や髪が本来保持する潤いに着目した処方は、意識の高い顧客から支持されること間違いなし。

エコフレンドリーな商品設計
生分解性に優れた洗浄成分を採用し、さらに洗浄成分を30%カット(イオセラム クレンジング比)。すすぎ時間の短縮で8.8%の節水効果を実現。

導入サロンレポート①
urupool(神奈川県横浜市)

?)ルベル ワンを導入した理由を教えてください

梶 洋史代表

創業以来、高単価なスパメニューを増やすことでスパ単価は向上したのですが、いいものだけに時間がかかるし、予算の制約でたまにしかオーダーされない方もいる。いつの間にかスパ客とそうでないお客さまの棲み分けができてしまい、その橋渡しとなるようなスパメニューを探していました。

そこで、ルベル ワンのコンセプトから「青春頭皮」というキャッチーなスパメニューを考案した梶代表。料金は平均単価の約10%である1500円に設定。短時間で高効果、価格的に継続してもらいやすいということもあり、モチベーションが高まったのはアシスタント。時間不足や予算不足により提案漏れしていた顧客にも「青春頭皮」を案内できるようになった。

?)ルベル ワンを活用した「青春頭皮」メニューで何が変わりましたか?

梶 洋史代表

「青春頭皮」によって潜在的なスパ客も新規開拓できたことで、お客さまの頭皮ケア意識が底上げされ、昨対比でスパ比率は12.7%も向上。店販購買率や客単価もアップしました。短時間で施術できるため、人時生産性が高まるのもルベル ワンの大きな魅力です。

また、高単価メニューをつくりつづけてきた同サロンにとって、1500円という価格帯のメニューは顧客からのさらなる信頼獲得につながったようだ。

?)今後の展開を教えてください

梶 洋史代表

スパ客の分母が広がったので、今後の課題はいかに飽きさせないようなメニュー展開で継続してもらえるか。新商品の『アンド エイチ』を活用したシーズンメニュー提案や店販購買率の向上など、さらなる生産性アップに取り組んでいきます。

成果に結びついた3つの理由

POINT

理由① スパ提案漏れをなくすカウンセリング

urupoolではアシスタントがその日使用するシャンプーやスタイリング剤をセレクトし、顧客との信頼関係を築いている。時間的にも価格的にも提案しやすい「青春頭皮」はアシスタントの自信となり、スパの提案漏れをなくす要因となった。

理由② カラー客に支持される実感力

カラーなどのデザインメニュー比率が高いため、頭皮ケアにまで時間を割けなかった状況も「青春頭皮」によって改善。「カラー後の頭皮の違和感が気にならなくなった」など、カラー客の頭皮ケアを習慣化させるきっかけとなった。

理由③ スパ客の分母を広げるわかりやすさ

短時間ながら、揉捻の手技は心地良く、仕上がりの質感も良くなる。さらにコスト的に継続しやすいとなれば興味が湧くのも当然。これまで時間や予算の制約でためらってきたスパ客の分母を広げるキラーメニューとなった。

導入サロンレポート②
ギャラリアサンク(大阪府豊中市)

?)ルベル ワンを店販ラインナップに追加したきっかけを教えてください

田村万里子総店長

女性ってどんなに良い商材でもずっと使っていると他の商材も試してみたくなるもの。「新たに自信を持っておすすめできる商材は?」と考えていたときにルベル ワンに出会いました。

ギャラリアサンクでは頭皮ケアの観点から、シャンプーにより真剣に取り組むべきと考え、昨秋からシャンプーカウンセリングを導入。アシスタントは専用カゴにシャンプーを数本入れて、カウンセリングしながらシャンプーを決める流れだ。

?)シャンプーカウンセリング導入の効果は

田村万里子総店長

シャンプーカウンセリングの導入でアシスタントの頭皮ケア意識が高まっただけでなく、お客さまとのコミュニケーションがスムーズになり、年齢ギャップが解消されました。ルベル ワンは頭皮ケアを根底に開発されているので、「どんな髪質のお客さまにも提案しやすい!」とスタッフから好評です。

実際に直近6カ月でのルベル ワンの販売本数は172本。既存商品の販売本数は落ちておらず、昨対比で店販売上が21.5%アップしたことがその裏付けとなっている。

?)今後の目標を教えてください

田村万里子総店長

店販の提案は売り上げのためではなく、お客さまへの責任。“人に近い”を経営理念として掲げているセサンクだからこそ、今後は総店長として“人”を育てていきたいと考えています。また、ギャラリアサンクでは昨秋、敷地内に完全個室のホリスティックサロン・セサンクをオープンしました。店販だけでなく、タカラベルモントの「頭浸浴」と連動したルベル ワンのメニュー展開も考えています。

成果に結びついた3つの理由

POINT

理由① 寄り添う提案で女性客の心をつかむ

長く通ってもらうために頭皮ケアを重視。流行っているものより自分に合うものを求める顧客意識の変化の中で、頭皮ケアを根幹に開発されたルベル ワンはカラー客からも人気。

理由② シャンプーカウンセリングでアシスタントが成長

昨秋からスタートしたシャンプーカウンセリングでアシスタントの接客力、説明力が向上。シャンプー指名は100円以上、スパ指名は200円以上をチップ箱に入れてもらう仕組みも面白い。

理由③ 店販が売らずに売れる

ギャラリアサンクの次回予約率はおよそ80%。お気に入りを共有する感覚で、使用したシャンプーなどをメッセージに記入して退店時に手渡し。こうすることで次回来店時に提案しなくても店販が自然と売れていくという。

ルベル ワンが気になった人はこちらをCHECK

●ルベル ワン オフィシャルサイト
https://www.lebel.co.jp/products/series/lebelone/

●コンセプトムービー
https://vimeo.com/569296530

●Instagram
https://www.instagram.com/lebel_one/

ボブログ編集部
執筆者
ボブログ編集部

成長し続ける美容師のための髪書房ウェブメディア『ボブログ』。これまでにないスピードで変革する時代に必要な情報【パラダイムシフトの芽】をいち早く見つけ、掘り下げ、新しい常識を提案します。

Prev

Next