ボブログ

【連載】ハイセンスな若手美容師をたどって取材&応援!つながれ★おしゃれンズ/Vol.7 平山華蓮

ボブログTV編集部
ボブログTV編集部
新人美容師さんに存分に語ってもらいたい!駆け出しの今だから聞ける話が聞きたい!

という連載『ハイセンスな若手美容師をたどって取材&応援!つながれ★おしゃレンズ』。オシャレな若手美容師さんに「オシャレだと思う仲間を教えてください!」と紹介してもらって取材先を決めていくリレーインタビューです。

連載も7回目に入り、1〜2年目アシスタントのみなさんに取材するのが毎月の楽しみになってきた編集。1時間ちょっとの取材時間ですが、みんな本当に一瞬でファンになっちゃうような雰囲気があるんですよね。ファン客って、もちろんコツコツ努力してつけていくものだとは思いますが、1年目とか2年目のうちに持っているキラキラしたものやスター性もまた大切な財産だと思うので、そういう人のことも応援したいというのが企画の主旨になります✨

第7回は平山華蓮さん[QUQU/東京・渋谷]

前回の田口陽菜さんに紹介してもらったゲストはこちら!

平山華蓮・ひらやまかれん さん

1999年11月29日生まれ。長崎県出身。長崎県美容専門学校卒業。東京のサロンへの就職を志していたところ、美容専門学校の先生に同校卒業生の浦さやかさん(現QUQU代表)を紹介される。2020年のQUQUオープンとほぼ同時に参加。

美容師になろうと思ったきっかけを教えてください!

平山さん
平山さん
高校の進路選択の際、元々はパティシエになりたいと思っていたんです。ですが、親から「家から通える専門学校に進学してほしい」と言われ、パティシエの専門学校は長崎県内になかったため美容専門学校に入学しました
ですので、美容師という進路を選んだのは…完全にノリですね…(笑)

えー!それは面白いきっかけですね。個性的でオシャレなので、元々バリバリファッション系や美容系に興味があったのだと思ってました。

平山さん
平山さん
あ!でも、お洋服とかファッションは元々大好きでした
雑誌のスナップがあると聞けば福岡まで行ったり、自分で編集部にコーデをメールして載せてもらったりしていましたね
髪は校則が厳しくて染めたりできなかったんですが、ロングでもせめてパツッとライン感を出したり、ツインテールしたり、自分なりに色々工夫をしていました

日常にオシャレを楽しんでいたんですね。では、就職の際に東京に出てきて、今のサロンを選んだのはどうしてですか?

平山さん
平山さん
進路を美容師と決めた時から、どうせやるなら有名なお店で働きたい、東京で活躍したいと思っていました
実は他に働いてみたいお店があって学生時代からお客さんとして通っていたのですが、ここで働きたい!という気負いから少し緊張してしまって…
そんな時、専門学校の先生から「卒業生が頑張っているよ」と紹介してもらったのが浦さんでした
初めてotope(浦さんの前サロン)にうかがった時、緊張することなく「ここで働きたい!」と思えたのが入社のきっかけです!

好きな音楽からインスパイアされてファッションも楽しむ

では、続いてファッションの質問に。個性的なドレッドヘアが素敵ですが、ずっとそのヘアスタイルなの?

平山さん
平山さん
違うんですよ!
入社した時は「ツートンヘアのキャラでいこう」と思っていたんです。右がホワイトブリーチ反対が別の色、みたいなバイカラーで。
でも、11月くらいからブラックヘアにハマってしまって、ちょっとずつ伸ばして今こういうことになってます(笑)

ほんとだ、右の写真とかは名残がありますね。ヘアスタイルが奇抜だとコーデが難しそうですが、どうですか? サロンワークの日とOFFの日は変えてる? こだわりを教えてください。

平山さん
平山さん
うーん…どうしても汚したくないハイブランドの服はサロンワークでは着られないなとか、そういう感じです
洗濯の兼ね合いとかもあるし、基本消去法で服は選んでるんですよね… やばい、靴下がダサい!隠れるコーデにしよう!とかそんな感じなんです(笑)

靴下がダサいから隠そう!はあるあるすぎてやばい。こんなにオシャレな人にそう言ってもらえるとちょっとほっこりします(笑)。

そんな平山さんにコーデをいくつか送ってもらいました。

個性的なヘアと幅広いテイストが喧嘩せずにオシャレ! アイテム選びのコツとか、基準とかを教えてほしいです。

平山さん
平山さん
ブラックヘアにハマったのも、最近HIPHOP系の音楽を聴くようになったからなんですが、服のブランドもその影響が大きいかもしれません
今よく聞いているのはJP THE WAVYとかNinja We Made ItとかHIPHOPシーンではメジャーな人たちなんですが、そういった憧れている人たちが使っているものとかを真似たり。バンドTなんかもよく着ますね
基本、形から入るタイプです(笑)

なるほど、世界観が一貫しているから統一感があるのかもしれないですね。

平山さん
平山さん
今のドレッドヘアに至るまでにもコロコロ髪型を変えすぎてお客さまに覚えてもらいづらいという弊害はあるんですが、それを楽しみにしてくださる方がいて、会話が生まれて…という楽しみもあります。バンドや音楽といった共通の趣味の話にもたどり着きやすいし、髪や服で表現して、いろんなものにチャレンジしていきたいと思ってます!

トレードマークを作る!という戦略から一転し、逆にコロコロ変えることをパフォーマンスの1つとして楽しんでいる平山さん。サロンワーク2年目で、こうやってお客さまとのコミュニケーションにファッションを武器にしているのはとても現場感が鋭いなと感じました。

メイクは暖色系が今の気分

ヘアもファッションも個性的だとメイクが難しそうと思うんだけど、こだわりはありますか?

平山さん
平山さん
メイクは…眉毛はブリーチしてしまっているので描かなくていいので楽チンです! ベースメイクもほとんどしません
最近のルーティンとしては暖色系のアイシャドウを使っていますね。このバランスが今一番お気に入りです。何にでも合わせやすいんですよ

紹介してくれたパレットはCHANEL レキャトルオンブル 268(カンドゥールエエクスペリヤンス)でした。2020年のAWの新色で一見難しそうな色味なんですが、可愛く使いこなしててさすが👏🏻 高級感のあるシアーなテクスチャーのものを選んでいるから、全体の調和が取れているのかもと思いました。

好きな音楽の話もう少し聞かせてください!

趣味の話をするとお客さまと盛り上がるといっていましたが、具体的には音楽ですか? ファッション観とのつながりも深そうなんで、どんな音楽が好きかもう少し聞かせてください。

平山さん
平山さん
バンドだったらラウドロックが好きですね
フェスやライブなどの現場で盛り上がるような… それこそ今はコロナでできないですけど、モッシュみたいなフィジカルな熱さが好きです。今はそういう現場には行けないので、お客さんとは注目しているバンドの新曲聴きました?みたいな感じで盛り上がっています。早くライブに行きたいですね…!

わかる、今配信とか色々あるけど、結局現場だよね。音楽ファン歴は長いですか?

平山さん
平山さん
そうですね、小学生くらいから当時のヒットチューンを押さえていって、だんだんライブの楽しさに目覚めて…という感じでした
小学校の時はYUIちゃんをよく聞いていたし、中高生の時にRADWIMPSにハマり、学校終わりにバスで福岡にライブに行ったりして。あとは高校の時関ジャニ∞にもハマってました

マジ? 私(編集)も元エイター(関ジャニ∞のファンの呼称)だよ。誰担?

平山さん
平山さん
すばる(元メンバー・渋谷すばるさん)ですw
え、誰担ですか?

村上(信五さん)担だったよ…

平山さん
平山さん
えっw レアwww レアですよね?www

ああレアだよwwこの反応は本物のエイターですね。意外な一面だった。確かに、あの事務所の中においては当時フィジカルなロックでライブ感があったグループなんですよ(解説)。

そこから今のHIPHOPブームが来るわけですね。そういう趣味をサロンワークに活かしているとのことでしたが、発信とかはしていますか?

平山さん
平山さん
してます!
Instagramで3つタグをつけていて 洋服(#髪と服と)、食(#ばりうまか)、音楽(#フェスしか勝たん)という感じで、分類して投稿してます。そうすることで、どんな人だよというのが伝わればいいなと
見てくださるお客さまも増えてそこから会話につながることもあり、仕事のためにも好きなものを素直に楽しむことはこれからも続けていきたいと思っています

そんな平山さんのInstagramはこちら📱

今音楽1つとってもいろんな情報がありすぎているから、平山さんがどうやってそのジャンルに辿り着いたのか?という話は参考になるかもしれないと思いました。趣味とか、これが好き!みたいなものを見つけられない人は多いと聞くので、平山さんの柔軟さとか、体感や体験を大事にするところは参考になりそうです。それが結果的にサロンワークに活きてきたら最強ですね!

未来には希望しかない! 自分とどれだけ戦えるかが勝負

最後に美容師としての目標やビジョンを聞かせてください!

平山さん
平山さん
このお店、QUQUで上を目指していきたいというのが大きなビジョンです。先輩たちがお客さまに支持されて多方面で活躍しているように、求められる人になりたいと強く思いますね。先輩を尊敬すると同時に、負けたくないと思います!
また、QUQUにいるからにはブリーチカラーが得意になりたいという思いもあります。QUQUと同社別ブランドのLECO、それぞれすごいブランドだと思うので、内田(聡一郎LECO代表)さんや浦さんに教えてもらっている以上は頑張らねばと思っています
とにかくサロンワークが楽しくて、未来に希望しかないので、あとは自分がどれだけ頑張るか!
カットレッスンが苦手だとか挫けそうなことはありますが、自分と戦っていい美容師になりたい、それだけです!

個性的で尖った印象に見える平山さんですが、1つひとつの質問にこちらの意図を確認しながら丁寧に答えてくれる姿勢に、先天的なコミュニケーション能力の高さを感じました。コミュ力が高いといっても押し付けがましくなく素直な印象なので、お客さまが趣味やファッションの話で話しかけやすいのかも!

「ノリで美容師を選んだ」という平山さんですが、サロンワークが楽しくてしょうがないというのは本心のように思えてこれもキュンとしました。自分の「好き」とか直感に正直に楽しめる平山さんの「ノリ」は運命だったんじゃないかなと思います!  これから技術とか売り上げとか、直感だけでは楽しめない壁もたくさんでてくると思いますが、萎縮しないでのびのび楽しんでほしいと願ってやみません!✨

次のゲストもお楽しみに!
(第8回更新は10月中旬の予定です。)

ななしま

AUTHOR /ななしま

月刊NEXT LEADER編集部→月刊BOB編集部→書籍編集部。好きなものは宝塚とGAGと、赤井秀一です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /