ボブログ

【連載】ハイセンスな若手美容師をたどって取材&応援!つながれ★おしゃれンズ/Vol.6 田口陽菜

ボブログTV編集部
ボブログTV編集部
新人美容師さんに存分に語ってもらいたい!駆け出しの今だから聞ける話が聞きたい!

という連載『ハイセンスな若手美容師をたどって取材&応援!つながれ★おしゃレンズ』。オシャレな若手美容師さんに「オシャレだと思う仲間を教えてください!」と紹介してもらって取材先を決めていくリレーインタビューです。

連載6回目の今回は久しぶりの女性美容師さん★

社会的にはジェンダーレスな価値観になってきていますが、やっぱり美容やファッションのトレンドシーンに一番敏感なのは20代女子だと思うので、ミドサーの編集N的にはとっても楽しみです。今回も勉強にさせていただきます✍️

第6回は田口陽菜さん[フリーランス/東京]

前回の前田凱都さん[SHIMA(シマ)/東京・原宿]に紹介してもらったゲストはこちら!

田口陽菜・たぐちひな さん

1999年5月18日生まれ。愛知県出身。中日美容専門学校卒業。ヘアメイクアップアーティストコースを選択して入学するが、入学前に美容師免許取得するコースに変更。都内1店舗を経て、現在フリーランスでサロンワーク中。

美容師になろうと思ったきっかけを教えてください!

田口さん
田口さん
元々韓国のアイドルが大好きで、ヘアメイクになりたいと思っていたんです。
美容学校入学時も国家試験がないクラスに受かっていたんですが、具体的に働くことをイメージしたときにやっぱり美容師免許が必要だと思い直し、学校に電話してコースを変えていただきました

入学前に具体的なキャリアをイメージしていたんですね。東京のサロンに就職したのはやはりヘアメイク志望だったことと関係がある?

田口さん
田口さん
そうですね、東京に行きたいという思いはありましたが、授業を受けているうちに次第に……という感じでした。
また、同級生に都内のブランドサロンを目指す子が多かったので、彼らからも刺激をもらいました

なるほど。今はフリーランスでサロンワークをやっているとのこと。お客さまはどのように集客しているんですか?

田口さん
田口さん
勤めていたサロンを辞めて新しいお店を探しているところなのですが、当時のモデルさんなど、思いの外私にやってほしいという方が多かったのでこのような形に。集客は、当時とにかく早くお客さまをたくさん呼びたくてモデハンをがんばっていたことと、Instagramを見てきてくださる人と……という感じですね

奇抜・派手コーデを“可愛く“見せる!

では、続いてファッションの質問に。ファッションのこだわりを教えてください!

田口さん
田口さん
今の気分は“形はシンプルで色が派手!“という感じです。他の人がやらないような、一見「それやっちゃうと怖い」みたいな色合わせも好き!
例えば、ピンクと黄緑って組み合わせたら可愛いけど、みんななかなかやりづらいじゃないですか? そういうのを、シルエットやアイテムのデザインで上手く可愛く見えるように心がけてます

そんな陽菜さんのオンコーデはこんな感じ↑ Instagram(https://instagram.com/young.tgc)を拝見していても、賑やかなのにほどよい抜け感がありますよね。

具体的には、どうやったら奇抜さの中に「可愛い」要素がプラスされて見えるんでしょう?

田口さん
田口さん
うーん🤔
あ、でもリップの色は毎回変えます! リップ以外のメイクをして、服を着てから最後にリップという感じで毎朝コーデしてます。特にサロンワークの日は、お客さまもパッと見て「可愛いね」と言ってくれるのはリップの色だなと思うので、こだわってますしいっぱい持ってます!

確かに、口元は一番に目が行きますよね! スタメンリップも紹介してもらいました。

一番重宝しているお気に入りはこちら↓NYX Professional make upのスエードだそう。L.A.初のプチプラコスメで、この色はマットな質感が可愛いですよね!

サロンワークのある時とない時でに差をつけていることはありますか?

田口さん
田口さん
特に変えていません。サロンワークの時はヒールの靴が履けないから、OFFの時にヒールを楽しむとかそういうくらいです。
お仕事の時もそうじゃない時も可愛く見えた方が絶対得だと思うので、とにかく自分が可愛いと思うものを迷わずにチョイスします!

OFFのコーデも見せてもらいました!

ラフなものから女性らしいシルエットのもの、柄物まで幅広く着こなしている陽菜さん。同性目線でも最先端なオシャレと可愛いを両立していてとても魅力的なので、オシャレに一番敏感な同世代の女の子が「陽菜さんに髪をやってもらいたい」と思うのはめちゃくちゃ納得できるなと思いました。

美容師として技術ももちろん大事なんですが、今の彼女の“感性“に触れられるのは今しかないんだよなぁと。

韓国風じゃなく、今の韓国のリアルトレンドが気になる

冒頭、高校時代に韓国のアイドルが好きと言っておられたことがとても意外でした。Instagramなんかを拝見しても、いわゆる“韓国風“ではないなと思っていたので……、なんというか、よく見る韓国風〇〇とかコリアンメイクみたいなものよりも攻めててモードじゃないですか。その辺の韓国的なエッセンスとモード感のバランスはどう捉えてますか?

田口さん
田口さん
わあ、うれしい! その点は結構意識してて、日本で流行ってる韓国風ってあくまで「日本人風の韓国風」なんですよ〜〜〜! 韓国のオシャレな子の韓国風とは違うと思ってるので

何かのスイッチを入れてしまった(笑)。編集は韓国トレンドには疎いですが、オタクなのですごいよく分かる、マスに広まると「違う、そうじゃない」ってなるヤツ。マス向けのエッセンスでどんどん薄まってくるんですよね。

田口さん
田口さん
そうなんですよ。そういうところが韓国風ではなく、韓国のリアルトレンドに注目しているオシャレな子に共感してもらえているのかなと思います

そういう子たちに刺さる提案をするために、どんなことに気をつけていますか?

田口さん
田口さん
あくまでその方に似合う普通の髪型の中に、重さだったりレイヤー感だったりで韓国っぽさをプラスすることです。元々、カウンセリングの時は韓国好きな子やそうじゃない子に限らず、オーダーされる髪型以外にもっとよくできないか、別案を提案するようにしていて。あくまでお客様の持ってるオシャレ感や空気を主役に、エッセンスをプラスするとオシャレに決まります。
あとは、韓国のオシャレな子達のインスタは良くチェックしてます! 日本人でも可愛いなと思う子は見ますし、フォロワーの数とかバズってるものとかより、パッと見て自分が真似したいとか可愛いと思う要素やムードがある子をフォローしてチェックしている感じです

今可愛いと思っているインスタグラマーはこの子だそう。(https://instagram.com/o_o_____o

田口さん
田口さん
ちょいギャル、でもメイクは濃くなくてちょっとすっぴん感ある感じが可愛いなと思ってよく見てます♪

やっぱり売れたい!仲間にもお客さまにも必要とされる美容師に

最後に美容師としての目標やビジョンを聞かせてください!

田口さん
田口さん
やっぱり願望としては、売れたいって思います! これからもフリーランスで頑張るにしても、ご縁があってどこかのお店に所属して修行するにしても、その目標は変わりません。
それと、高校時代はヘアメイクを志してこの業界に入ってきましたが、美容師でやっていこうというのも心に決めていて。私を必要としてくれるお客さまの存在もありますし、同年代の美容師仲間でいつか一緒に働こうと言ってくれたりする友人もいて。そうやって人に必要とされるのは原動力になります。
特に頑張っているところを見てくれて、辛い時に支えてくれる仲間が必要だと言ってくれる美容師になれるように、頑張っていきたいなと思っています!

ファッションの話の中で攻めたコーデをいかに可愛く仕上げるかという話があがりましたが、陽菜さんの可愛さの根源は、人に対する愛情や優しさなんだろうなと実感したコメント。お客さま1人1人が好きで、友人に対してウエットなくらい熱い感情を持っていて、どんな時も“相手の目線“を意識しているから奇抜なものや一見怖く見えそうな組み合わせも、可愛く愛嬌たっぷりに映るのかなと思いました。

自然体で可愛く、でも美容師としての野望もしっかりと持っている陽菜さん。これからの活躍も応援&注目していきいます🎌

次のゲストもお楽しみに!✨
(第7回更新は9月初旬の予定です。)

ななしま

AUTHOR /ななしま

月刊NEXT LEADER編集部→月刊BOB編集部→書籍編集部。好きなものは宝塚とGAGと、赤井秀一です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /