ボブログ

全国売れっ子スタイリスト連載第21回「似合わせることはできる、それをお客さまが好きかどうかは別」最高売上337万円/石川県金沢市

月刊BOBの長寿連載、『日本全国売れっ子スタイリストを探せ!』。なかなか知ることのできない、リアルに売り上げが高い美容師さんの数字や取り組みを赤裸々に取材するこの企画。2004年に「人が好き!美容が好き!」というメッセージを掲げて始まり、名前や形を変えながら日本全国の200名近い美容師さんを紹介してきました。(現在の連載タイトルは「日本全国売れてるスタイリストを探せ!」)働き方、ライフプラン、キャリアプランのヒントが詰まっていて、掲載はいつも雑誌の後ろのほうですが反響の大きい企画です。

今回は月刊BOB2005年12月号掲載の第21回をご紹介します(記事内容はすべて、取材当時のものになります)。

全国売れっ子スタイリスト連載第21回 KAMIO(カミオ)/石川県金沢市]2005年12月号掲載

山崎亜由美さんの売り上げデータ

プロフィール

やまざきあゆみ/1975年5月26日生まれ。石川県出身。石川県理容美容専門学校を卒業後、1店舗を経て創業1921年(大正10年)のKAMIOにアシスタントとして入社。現在9年目を迎え金沢駅構内にあるLUMAX店の店長を2003年5月より務めている。

サロンデータ
カミオ 7店舗
カミオ(株)
1921年創業
富田征子代表
社員数:110名

明るく元気な山崎さんのところに指名客が自然と集まる

スタイリストデビュー初月70万円からのスタート。スタイリスト6年目、石川県最大手の技術が売りのサロンに今日も山崎さんの明るい声が響く。

 

『山崎さんと話し合ってこうなった』となるよう、お客の空気とオーラを読む

「指名制だけれど、そのスタイリストが休みのときは、代わりのスタイリストが対応するシステムです。ですから技術がないと話になりませんが、技術だけでは無理。お客さまの今日の気分はどうだろう、と考えられて、会話についていける人。そういう間口の広い人でなければKAMIOではむずかしいです」KAMIO専務の新田千鶴子さんはそう話す。

「人が好きで、美容が好きで、いつもエネルギーを発散している人。明るくて、いつも彼女の声が聞こえている。人事異動をして彼女が新しいサロンに移ると、暗かったサロンが明るくなります。朝から晩までテンションが変わらない。仕上げでも、アイロンなどでちょっと手を加えてあげる。しっかりと次回の話をして、ちゃんと見送りに出ている。どんなに忙しくても、それを実行しています」

人の育成に力を入れてきたKAMIOで光っている人。山崎亜由美さんへの評価だ。

山崎さんの2005年7月の売り上げは、337万1640円。指名客数は321人。今年は3月と8月も指名客が300人を超えている。そんな山崎さん自身に、お客さまから支持される理由を聞いてみた。

「お客さまから『直して』と言われたら、私は素直に直します。お客さまが喜んでくれることが前提だから。ただし『お任せ』のお客さまが多いので、そのときの空気、オーラをしっかり読むようにしています。最終的には私が決めるけど『山崎さんと話し合ってこうなった』でいきたい。それが私の基本です」

プロとしてお客さまに似合わせることはできる。でも、それをお客さまが好きかどうかは別、と心得ているから話し合いたいのだ。

 

アシスタント時代は「お客さまと仲良くなりたい」がすべての行動の起点

「『次はお願いね』と言われるようになるにはどうすればいいか。このお客さま、次はパーマを指名してくれないか、カラーを指名してくれないかと。お客さまがスムーズに流れることを常に考えてはいたけど、どこで自分が関われるかを考えていました。私の方がスタイリストよりも仲がいいよ、というお客さまが増えていきました。将来は私にカットを任せてくれるかなって、考えていましたね」

スタイリストに昇格した最初の1カ月の売り上げは70万円だった。3回目来店までは必ずDMを書いて出していたという。

「自分的にはできるアシスタントのつもりだったけど『あんた雑やね』と言われていました(笑)。でもその分、たくさんしゃべろうと思い、今もそれはつづけています」

会話は自分のことをしゃべるより、お客さまに話をさせる。話を振ってしゃべらせて、そこにアシスタントも会話に巻き込んで、3人の輪をつくる。

これからの目標は「今がんばれば必ず先に楽しいことがある」のだそうだ。そして、もっとたくさんのお客と出会いたいという。

 

月刊BOB編集部

AUTHOR /月刊BOB編集部

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /