ボブログ

美容師のための手帳・ヘアドレッサーズダイアリーの使い方2(アシスタントの場合)

HAIR DRESSER’S DIARYの使い方2
grico アシスタント 水谷祐基さんの場合

 

水谷さん
水谷さん
サロンワークではエザキのメインアシスタントをしっかりとしながら、それ以外の時間でスタイリストデビューに向けて自分のモデルさんやお客さまの予約を取っています。限られた時間をうまく使う必要があるので、手帳は手放せません。

grico店長 原田直美さんのHAIR DRESSER’S DIARYの使い方はこちらから

 

売上目標を大きく記述し、アシスタント業務だけに追われない

ウィークリーページには1カ月の売上目標と、その1週間で達成したい売上目標を大きく記述。その目標金額を達成するためには、メインアシスタント業務時間外でモデルやお客をコンスタントに入れる必要があるため、エザキさんのスケジュールも必ず書き留めている。

「今の僕にとって、エザキのメインアシスタント業務と同じくらい、自分でもしっかりとお客さまを入れる時間が大切です。その時間を見つけるのが手帳はとても簡単で、どこに自分のお客さまを入れることができるのか一目でわかります。エザキも同じ手帳(サロン全員が同じ手帳)を使っているので、自分の手帳と見比べやすいのもいいですね。(水谷さん)」

 

年間目標ページで毎日自分を鼓舞!

アシスタント3年目の水谷さんは、スタイリストデビューを視野に入れた上で、今年のテーマ3つと10この具体的目標を立てた。その中には、アシスタント1年目から成し遂げられていない目標も含まれている。毎日手帳を開くたびに、ハードルの高い目標たちを見て自分自身を鼓舞しているという。10この目標は各個人で考えた後、店長である原田さんとの面談を経て最終決定されており、〇×がつけられる明確な目標が選定される。

「『ナプラドリームプラス』で賞をとる、はアシスタント1年目の時からずっと立てている目標です。まだ達成できていないので2021年の目標にも入れたのですが“3度目の正直”で今年こそ達成したいと思います。(水谷さん)」

 

メモページには全体ミーティング、打ち合わせでの重要事項を書き留める

20ページ以上用意されているメモページに、毎月の全体ミーティングでの重要事項とエザキさんと外部との打ち合わせ内容をメモしている。エザキさんから後日聞かれることがあってもいいように、さらにエザキさんの撮影現場に同行した際は学びを書き留めておく。

 

なりたい美容師像を描け、今何をすべきかがわかるHAIR DRESSER’S DIARY

ーー2021年の具体的目標10この内、一番達成が難しいと思われる目標を教えてください。
水谷:“『ナプラドリームプラス』で賞をとる”ことです。アシスタント1年目から立て続けている目標なので、今年こそは達成したいですね。もう1つは、“メイクができるようになる”ことです。店長の原田に習っているのですが、苦戦している最中です。

ーーHAIR DRESSER’S DIARYの一番のおすすめポイントを教えてください。
水谷:アシスタント業務だけ完璧にこなせばいいと思っていると、毎日はあっという間に過ぎてしまい、自分自身の成長もある一定のところで止まってしまうと思っています。具体的な10個の目標を毎日見返すことで、スタイリストになってから、スタイリストになった後の自分自身のために今日1日、この1週間をどう過ごせばいいかがわかるのが一番いいところだと思います。

 

水谷祐基(みずたにゆうき)/1997年5月29日生まれ、愛知県出身。中日美容専門学校卒業後、gricoへ入社。2020年1月よりgrico代表であるエザキヨシタカ氏のメインアシスタントを務める。現在アシスタント3年目。『美容師のオキテ』12分15秒から始まる「アシスタントのオキテ」にも出演。

 

ヘアドレッサーズダイアリーはこちらからも購入できます♪

https://kamishobo.shop-pro.jp/?pid=155601211

 

 

月刊BOB編集部

AUTHOR /月刊BOB編集部

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /