ボブログ

お好み焼き検定からFP技能検定まで! 現代の資格王・鈴木秀明氏が美容師におすすめする資格7選

行政書士や気象予報士にはじまり、すみっコぐらし検定、だし検定まで。720もの資格をもつ男(2020年10月時点)、それが今回ボブログ編集部が取材を依頼した鈴木秀明氏[All about「資格」ガイド]だ。

鈴木さんの名刺には、720個の資格がずらり。自然と会話が盛り上がる!

取材を依頼した理由はほかでもない『美容師に役立つ資格』を教えてもらうため。国家資格である美容師免許を持ったうえで、“仕事につかえる”資格、“お客さまに選ばれる美容師になるため”の資格、マネジメントや経営に役立つ資格から話のタネになる資格まで幅広く教えてもらった。

ボブログ編集部と一緒に鈴木さんを取材してくれたのは、今年の秋grico[グリコ/東京・原宿]副店長になったばかりの寺尾フミヤさん。

マネジメントを勉強できる資格、お客さまとお話しする上で役に立つ知識を得られる資格が気になります。今日鈴木さんとお話しするのを楽しみにしていました!

 

美容師さんにおすすめしたい、美容師さんに役立つ(かもしれない)資格7選!

【お客さまとの話題づくり、お客さまに選ばれるために最適な資格5】

1.『名探偵コナン検定

寺尾:gricoはマンガ好きのお客さまが多いので、この資格は気になります!
鈴木:コナンは今コミックスが98巻まで出ているのですが、読破していれば受かる可能性が高い資格です。コナンに出てくるある場面3つをコミックス掲載順に並べたり、ある事件の場面からその事件で使われたトリックを選んだりする問題が出題され、オンラインで受験できます。
寺尾:鈴木さんは、他のマンガの検定資格もたくさんお持ちですよね、例えば『NARUTO-ナルトー検定』や『進撃の巨人検定』も気になりました。
鈴木:マンガ系の資格は期間限定のものが多いので、気になるものが見つかればぜひ早めに受験を。最近人気の『鬼滅の刃』も検定ができるかもしれませんね。マンガ好きのお客さまとの会話も盛り上がると思います。受験者限定のグッズ販売や特典がある検定もあり、イベント的要素が多くて楽しいのもおすすめしたい理由です。

2.『お好み焼き検定

鈴木:僕が持っている720個の資格の中で、「そんな資格あるんですか!?」とつっこまれる機会が最も多いのがこの資格。美容師さんのお仕事は、いろんな人に興味を持たれそうな話題の引き出しが多いことが求められると思いますので、おすすめしたいですね。
寺尾:名称からして、気になりますね! 僕も名刺に書きたいです(笑)。
鈴木:飛び込み営業マン時代、僕が助けてもらったのもこの資格です。初対面の方にもインパクトがあって話題になりやすいので、ついでに僕の名前と顔を覚えてもらっていました。またこの検定は受験会場でお土産としてお好み焼き粉やお好み焼きソースなどをもらえるので、それだけで受験料分のモトがとれてしまうという点もネタになります。

3.『「筋肉のこと知ってますか?」検定

寺尾:僕は趣味が筋トレで、独学で体脂肪率9%を達成したので(笑)。これを受けて、お客さまにもアドバイスできるようになりたいですね。
鈴木:9%はすごいですね! 一般的に資格試験は日曜に実施されるものが多いので美容師さんだとシフト調整が大変かもしれませんが、この検定は郵送で受けられますし、美容師さんは筋トレが趣味の方が多いと伺ったのでぜひ取得してほしいですね。
寺尾:どういう試験内容なんですか?
鈴木:筋肉の名称や構造など暗記系の内容に加えて、より効果が出やすい筋トレのやり方や栄養摂取の方法なども勉強できる試験内容になっていますよ。

4.『サウナ・スパ健康アドバイザー

寺尾:最近、僕も初めてサウナに行きました! 経験したことがないことを体験したくて。
鈴木:そうなんですね、でしたらこの資格はおすすめですよ。受験料は5,000円なんですが、合格すると提携サウナ施設を割引料金で利用できるので、確実にモトが取れます! さらに、こちらも郵送で受験できる試験なので、忙しいけれどサウナ好きな美容師さんにぴったりの資格です。ドラマ「サ道」などの影響で最近サウナ好きの方が増えているので、お客さまとの会話のネタにもしやすいと思います。

5.『JNFサプリメントアドバイザー

鈴木:僕が個人的におすすめしたいのは、この資格です。この資格取得のための勉強がきっかけで、僕も日々の食事や体調にあわせて意識的にサプリメントを飲むようになりました。通信講座を受講し、課題にパスすることで認定される資格なので、取得自体はそこまで難しくないですが、得た知識を使うためにはきちんと勉強しなければならない資格です。
寺尾:美容に興味があるお客さまが多いので、資格を取ってアドバイスできたら髪を切る以外でも役に立てそうですね!

 

【美容室のマネジメント、集客に役立つ資格】

6.『FP(ファイナンシャル・プランニング)技能検定

鈴木:誰でも知っておくべきなのに、学校では教えてくれないこと。税金や相続、不動産や年金など、お金に関すること全般を学べる資格です。髪を切りながらお金にまつわるいろんな相談にも乗ってくれる美容師さんがいたら、人気が出るのでは?
寺尾:確かに、そうですね! 僕は今働いている会社でいつかは役員になりたいと思っているので、自分の強みとしてもこの資格取得に興味があります。
鈴木:独特の強みは、たくさんいらっしゃる美容師さんの中からこの人に何度もお願いしたいという理由にもなりますよね。この資格は試験範囲が広く、最初からすべてを理解しようとすると結構大変なので、過去問をうまく活用してポイントを絞った勉強をすることをおすすめします。

7.『ビジネスマネジャー検定資格

鈴木:寺尾さんは、最近副店長になられたということですが、店舗運営や業務管理、メンバーのマネジメントなどを勉強したければ、この資格をおすすめしたいです。どちらかというとオフィスワーク系の内容ですので、美容師の仕事とは少し違う部分もあるかもしれませんが、勉強になる部分が多いと思います。
寺尾:マネジメントを何から勉強すべきか迷っていたので、この資格から始めてみるのもよさそうですね!

photo : Kaori Ito(THE VOICE MANAGEMENT)

 

話題作り・雑談力アップ・キャラ確立……資格は美容師にとっても無限の可能性

ーー寺尾:鈴木さんが、こんなにもたくさんの資格を取り始めた理由を教えてください。
鈴木:資格というのは本来、取った後どう活かすかをしっかり考えて取るべきものですが、僕の場合、資格を通してさまざまなジャンルの知識が増えていくこと自体が楽しくてやっているという感じです。ゲームでいろんなアイテムを集めたり、称号をコンプリートしたりする感覚に近いですね。キッカケは、大学時代に所属していたサークルでつくっていた広報誌。そこで「資格道」という自分の企画を持っていて、月刊だったので毎月1個ずつ資格試験を受けて体験談を書いていたのが始まりです。ちなみに初めて取った資格はワープロ検定(現・日商PC検定)ですね。

ーー寺尾:月1個でも大変そうです。今はどれくらいのペースで受けているんでしょうか?
鈴木:学生時代は月に1個ペースだったのが、今は年間80資格くらい受験しています。もちろん落ちることもありますが、失敗や試行錯誤の過程も含めて楽しんでいます。日々いろんなミッションに挑戦している感じですごく面白いんですよ。

ーー寺尾:受ける資格はどうやって決めていますか?
鈴木:基本的に資格・検定とつくものなら何でもチャレンジしますが、できるだけ今までの人生で全然接点がなかった分野の資格をあえて選ぶようにしています。それが未知のジャンルであればあるほど、こんな世界や業界があるんだ! という新たな発見や刺激があり、視野が広がりますね。思い返せば資格取得にハマる前の僕はずいぶん視野が狭かったなと……。僕は幼少期から特にやりたいと思うことがなく、化学が得意科目だったので大学はなんとなく理系の学部に進み、なんとなく研究職を志望しました。しかし毎日論文を読んだり書いたりといった研究生活は自分の性格的に一生続けることは無理だと思い、大学院は文転して政治経済を専攻し、国家公務員を志望するようになりました。しかし当時すでにライフワークになりつつあった資格取得の活動は、激務すぎる国家公務員との両立は無理だなと思い(笑)、結局民間企業に就職することに。新卒で人材派遣会社に就職して、飛び込み営業や人事、営業企画などを経験し、3年後に独立して……今に至ります。
寺尾:紆余曲折を経て今のお仕事をされているんですね。実は鈴木さんがすでにお持ちの720個の資格の中に、僕が高校時代に受けた測量士補の資格がありました。結局落ちてしまったのですが。
鈴木:高校生にはちょっと難易度が高い資格ですよね。そこから全然違う分野である美容師の資格を取ったというのも驚きですが。
寺尾:高校の学科がそういう学科だったんですが。やっぱり美容が好きだから美容師になりたいと、そこから美容の専門学校に進学しました。
鈴木:そうだったんですね。いろいろとご紹介してきましたが、すでに国家資格をお持ちの美容師さんにも役に立ちそうな資格がありましたか?
寺尾:すべて役立つと思いました。個人的には『「筋肉のこと知ってますか?」検定』と『サウナ・スパ健康アドバイザー』を受験してみようと思っています。いずれ『FP技能検定』も取りたいですね! 鈴木さんがおっしゃっていたように、お客さまの髪を切りながらお金のアドバイスまでできたら素敵だなと思いました。
鈴木:資格には、話題作りや雑談力アップ、「エッジの効いたキャラ付け」といった活かし方もあるので、接客業である美容師さんとの相性はとてもいいと思います。またこの美容師さんのところに来たい! と思わせる何かを自分の中につくることができる資格もたくさんあります。今日寺尾さんとお話しさせていただいて、私自身、美容師さんの仕事内容の理解度があがったので、他にもたくさん役立つ資格があると思いました。またの機会にご紹介させてください。
寺尾:鈴木さん、今日は本当にありがとうございました!

 

鈴木秀明(すずきひであき)/1981年8月4日生まれ、富山県出身。東京大学理学部化学科卒業後、東京大学大学院 公共政策学教育部 経済政策コース修了。卒業後、人材派遣会社のサラリーマンと資格ガイドの二足の草鞋を履く。現在は資格・勉強法アドバイザーとして活動。総合情報サイトAll Aboutの「資格」ガイドも務める。2020年10月時点で720個の資格をすべて独学で取得しており、雑誌・テレビ・ラジオなどのメディア出演実績は300件超! 「笑っていいとも!」「アウト×デラックス」「未来世紀ジパング」などに出演。HP:https://shikakuroad.jp/

寺尾フミヤ(てらおふみや)/1996年9月28日生まれ、島根県出身。関西美容専門学校卒業後、grico入社。代表のエザキヨシタカ氏のメインアシスタントとして、セミナー・ヘアショー・撮影と全国をとびまわり、grico史上最速スタイリストデビュー(丸2年)を果たした。今年の秋、grico副店長に就任。gricoの役員、社長を目指して今も毎日練習を欠かさない生粋の努力家。

 

 

月刊BOB編集部

AUTHOR /月刊BOB編集部

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /