ボブログ

【OLもギャルも】最旬フェイスフレーミング10選。今すぐ使える!【最旬顔周りハイライト】

韓国のアイドルをイメージソースに人気が広がりつつある、顔周りだけを明るくする“フェイスフレーミングカラー”。

ブリーチのセクショニングが新しいというだけで施術は簡単、範囲が狭いので時間もかからない。伸びたらリタッチも簡単。それなのに仕上がりはとても新鮮。女性像の垣根を超えて人気が広がりつつあります。

ヘアカラーのテクニックやデザイン性に美容業界内外で信頼感の強いmacaroni coastとk-two、

海外のトレンドを敏感に取り入れたハイセンスなデザインのOVER SEA、

“ギャル”発祥の地ISM。

四者四様の美容師さんに、今おすすめのフェイスフレーミングデザインを教えてもらいました!

フェイスフレーミングデザイン10選

 

前髪ありのフェイスフレーミングデザイン

ボブ×抜け感カラーにテラコッタメイク。ハイコントラストだけどナチュラルなボブ

谷口翠彩(k-two)さん
谷口翠彩(k-two)さん
サロンワークで一番人気のカラーです!根元は少し残して、白すぎない黄味を少し抑えた薄いベージュにベースカラーは暗め。黒髪と合わせたり、コントラストを出す色が人気です✨

全頭ブリーチに飽きた派手髪勢に、しましまフェイスフレーミング★ストレートにもおすすめロング

maria(THE OVERSEA)さん
maria(THE OVERSEA)さん
全頭のブリーチスタイルに飽きた人には、逆にローライトで「引き締める」セクションカラーがおすすめです。コテで巻いて顔周りに動きを出すと、ローライトとハイライト部がミックスされて違った表情が生まれます。

ひし形シルエットをつくり出して小顔に見せるフェイスフレーミング

ブリーチの場所次第で、派手過ぎず馴染むフレーミングをしたり、ハチを引き締めて小顔効果を出すこともできます。プロセス動画あります!↑写真をクリック

黒→白→緑の繊細なグラデーションフレームで個性派だけどなじみよくボブ

宮地恵子(macaroni coast)さん
宮地恵子(macaroni coast)さん
毛先に鮮やかな色味をプラス。根元は黒髪を残して白・黒・ブルーグリーンのスリートーンカラーに。他と違うデザインを求める人におすすめ。

ペールカラーonでバズり必至。バングをアゲるアレンジはマスクとも好相性

谷口翠彩(k-two)さん
谷口翠彩(k-two)さん
SNS一番人気はこちら。フェイスフレームに薄いブルーグリーンを入れてほどよいモード感を演出しています。高彩度色を入れても、ベースが黒髪など、暗ければ意外と落ち着いた印象にまとまります

色の違う髪の重なりでまろやかさが楽しめる前髪インナーカラー

吉田潤(ISM)さん
吉田潤(ISM)さん
バングを2段に分けて下1段をブリーチした前髪インナーカラーでフェイスフレーミング。暗部と重なって立体感が出る上、色味も混ざってまろやかになるんです。バングカラーは取り入れやすいのでオススメ!

王道欧米系!センターパート・かきあげフェイスフレーミング

やっぱり最映えなホワイト系。ギャルにならないフレーム幅が命

谷口翠彩(k-two)さん
谷口翠彩(k-two)さん
全体もハイライトを入れつつ、顔周りのハイライト(フェイスフレーム部)はホワイト系までトーンアップ。少し海外チックなスタイルです。

細フレームでさりげなデザイン。おでこの広さもコントロール★

宮地恵子(macaroni coast)さん
宮地恵子(macaroni coast)さん
パネルはあえて太くせず、主張が少ないほうがさりげなくておしゃれ。肌色になじむ色のフェイスフレームはおでこが広く見えるので、額の幅もコントロール可能。顔型のコンプレックス解消に使えますよ!

グレー系ボブはかき上げ方でハイライト風

吉田潤(ISM)さん
吉田潤(ISM)さん
顔周りに薄めに取ったパネルをホワイトブリーチ。全体のグレートーンと好対照でさりげない存在感です。

フェイスフレーミングで小顔ショート!ハイコントラストだけど柔和な表情

吉田潤(ISM)さん
吉田潤(ISM)さん
ミルクティーカラーはISMの十八番!幅を広めにとって、バックに向かってグラデーションをつけるとやさしい、やわらかな雰囲気に。小顔効果も抜群で、分け目によってイメージを変えられます

顔周りだけが暗い、逆フェイスフレーミング

イエロー系のド金髪も顔なじみ良く

tsubasa(THE OVERSEA)さん
tsubasa(THE OVERSEA)さん
ブリーチベースのミディアムボブ。顔周りを地毛の色で引き締めることで、肌なじみのよいデザインになっています。

 

教えてくれた5人の美容師さんの、フェイスフレーミングを提案する理由♡

 

20代後半~30代の働く女性が支持。指名客数No.1の谷口さん

施術時間が短く、簡単に印象が変わってあか抜け。テイストコントロールも容易。忙しいキャリア女子に寄り添う技術です♡

谷口翠彩[QUEEN’S GARDEN by K-two(クイーンズガーデンバイケーツー)/東京・銀座]

たにぐちみどり/1987年12月19日生まれ。福岡県出身。大村美容ファッション専門学校卒業。2009年K-two入社の現在に至る。現在はQUEENS GARDEN by K-twoGINZAの店長を務める。K-two全店の女性スタイリストの中で指名客数ナンバーワン!

効率よく黄味をキャンセルする人気色はベースがパープル

ベースは暗めで、ハイライト部分は白すぎない明るさ。このコントラストがギャルではなくモード系にまとめるコツ。
さらに、暗部にはバイオレットをミックスしておくと、シャンプーするたびバイオレットが明部に流れるので時間がたっても黄味が浮いてきにくいのです。

なので、深めパープル×無彩色のフレームカラーが人気です!

CAさんもフェイスフレーミングしてます! 30代後半、40代……年代問わず提案できるデザイン幅。

私のサロンは銀座ですし、キャリア系のお客さまがとても多いのですが、在宅ワークも定番化して、今まではオフィスで浮くからできなかったデザインカラーに興味を抱く人がとても増えているんです。スタイリングやアレンジで隠しやすいですしね。年齢問わず、30代後半の方のチャレンジも多いですよ。
もみあげ部分を根元から明るくしすぎると、刈り上げに見えて攻め過ぎな印象になります。デザインカラーが初めての方には少し根元は残して、幅を狭めにして入れてあげると、ヘアスタイルに馴染みやすいです✨

伸びてきても心配無用。“その後”を踏まえたデザイン

上の髪がかぶさるデザインなら根元が目立たないので多少伸びても大丈夫。表面に入れる場合は、根元付近は細く、下に向かって太く入れると新生部と自然につながります。

 

ニューヨークで経験を積み、ヘアメイクも多数手がける二人

強さやクールさを取り入れてうまくバランスを取れると今っぽいデザインになると感じています。フェイスフレーミングは強弱が自在!

KANEKO MARIA[THE OVERSEA(ジ オーバーシー)/東京・青山]

かねこまりあ/1994年6月14日生まれ。福岡県出身。大村美容ファッション専門学校卒業。新卒でTHE OVERSEA入社。同社の系列店である、NYのSHIZENと行き来しながらサロンワークを行う。現在は一般誌等でヘアメイクの撮影などにも参加。海外のお客からの支持も厚い。

フェイスフレーミングは強さを表現するデザインだけれど、カットベースと面積でテイストをハンドリングできる可動域の広いデザインですね。

YONEMOTO TSUBASA

よねもとつばさ/1994年10月4日生まれ。千葉県出身。日本美容専門学校卒業。都内1店舗を経て、2016年にTHE OVERSEA入社。2017~2018年の1年間にNYのSHIZENと行き来しながらサロンワークを行う。2019年にはDiorのパリコレクションのヘアメイクとしても参加。ヘアメイクとしても活動の場を広げる。

ハイトーンフリークには逆フェイスフレーミングをおすすめ

OVERSEAは全頭ブリーチをしているお客さまも多いので、明るいベースに顔周りのみローライトを入れるなどの「逆フェイスフレーミング」がおすすめしやすい。簡単にわかりやすくイメチェンできます。

これからはフェイスフレーミング+αが必要

昨年(2019年)はかなりフェイスフレーミングを推していましたが、今年は人口に膾炙したのでネクストデザインを提案しています。一般的なフェイスフレーミングのデザインはかなり認知度が上がり、人と違うものを欲しがる方には物足りなくなりつつあります。

これからはアシンメトリーなデザインだったり、ハイライトを入れる場所を増やしていって全体のデザインを育てていくなど、+αのフェイスフレーミング提案が求められると思いますね。

 

高感度な顧客多数。ニュアンシーかつ高い再現性を提供する宮地さん

セクションカラーが初めての人にも、パネル枚数が少ないフェイスフレーミングはおすすめしやすいです。顔周りのパネルは細く入れるほうがデザイン的にもさりげなくオシャレに見えますね。同じ色相で明度差をつけたりするのがオーダーとしては多いですね

宮地恵子[macaroni coast(マカロニコースト)/東京・青山]

みやちけいこ/1979年生まれ。広島県出身。東京美容専門学校。都内1店舗を経て2010年に「macaroni coast」の立ち上げから参加。カラー・パーマ技術の高さからセミナーも多い。ファッション感度の高い顧客を多く持ち、幅広い世代から支持されている。

ギャル文化を支えたブリーチのパイオニア、ISM吉田さんにも聞きました!

入れたことがはっきりわかるように太目に入れたり、鮮やかな色味を毛先だけに入れる提案が多いです。すでにフェイスフレーミングは定番化していて、ギャルは他の人と違う提案を好むのでグラデーションカラーやハイライトと合わせるなどがオススメですよ★

吉田 潤[ISM(イズム)/東京・表参道、北千住]

よしだじゅん/1967年5月12日生まれ。東京都出身。日本美容専門学校卒業。1998年1月23日、HAIR ISMを東京北千住にオープン。日本のギャル文化を支えてきたパイオニア的存在で、ミルクティカラーを10年前に発案。ギャルの髪色を「まろやか」に変えた。北千住、南青山に2店舗を構える。

12月1日発売の月刊BOB1月号

タイパ最強・映え最強。性別もテイストも超えるフェイスフレーミング特集!

この記事に登場していただいた5人の美容師さんはじめ、高円寺が誇るデザインカラーの匠・黒須光雄[utuwa(うつわ)/東京・高円寺]さんにも誌面オリジナルで最新のデザインを提案していただき、

さらに韓国のトップヘアアーティストGUNHEE(ごに)[GUNHEE TOKYO(ごに東京)/東京・表参道]さん、ニューヨークのトップサロンで活躍する池田瞳[Arsen Gurgov salon/アメリカ・ニューヨーク]にも現地のフェイスフレーミングを教えていただいています。

誌面掲載の塗布などのプロセスには時短のコツがいっぱい。ブリーチ剤からの詳細なカラーレシピもばっちり載ってます★

とくだ

AUTHOR /とくだ

σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)σ(^_^;)

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /