ボブログ

美容師の勝負グツ・定番グツ -①穂高律子の場合-

立ち仕事であるにも関わらず、足元までオシャレに気をぬけない仕事。それが美容師という仕事でもある。
不定期連載でお届けする、美容師の「勝負グツ・定番グツ」。
第1回目は、2016年に渡米し、ニューヨークの日系サロンで働く美容師・穂高律子さん(Three Degrees Salon)の「勝負グツ・定番グツ」。

 

NYに行ってから始まった、スニーカー人生

日本にいた時は、逆にスニーカーを履くことがあまりなかったのですが、自分の靴もずいぶん変わりました。ニューヨークは歩かないといけないことも多いし、街も汚く足元が汚れやすい。冬もすごく寒いので、街全体のスニーカー率は高い気がします。ヒールを履いている人はすごく少ないですね。

もう1つスニーカー愛用者になった理由は、サロンワークでは全て自分で施術するので、ブリーチやカラー剤などで汚れてしまうからです。スニーカーでも白か黒を履くことが多く、必然的に休みの日や特別な日もモノトーンが多いです。ニューヨークは本当に道路が汚いので、なるべく汚れを落としやすいものか汚れが目立ちにくい色を選んでしまいますね。今年はちょっと色があるものも履いていきたいと思っています。

ニューヨークはやはりストリートブランドが定番なこともあり、お客さまもスニーカー愛用者が多いですね。サロンワークでも、律子のスニーカーかわいいねと突然褒められたりすることも多いです。

スニーカーはメンズサイズが好き

スニーカーはメンズのフォルムのほうが好きなのと、少し大きめで履くほうが好きなので、メンズの小さめサイズのものを買っています。サイズは7 US~7.5 USサイズ(約25cm)を選ぶことが多いですね。ナイキはユニセックスでのサイズ設定で、いつも7サイズが定番です。

 

穂高律子の勝負グツ! ①ナイキのスニーカー

ナイキのスニーカーはいくつか持っていて、これは最近買ったものです。イエローのラインが可愛いなと思って買いました。撮影などに行くと、フォトグラファーやスタイリストさんがオシャレなスニーカーをよく履いているので(特にメンズ)、どこで買ったか聞いて参考にしています。 ニューヨークのファッション系の人はスニーカー派が多いので、現場で「それいいね」とよく褒め合うポイントになっている気がします。

 

穂高律子の定番グツ! ①白のReebok(リーボック)スニーカー

白のReebokは、真っ白のスニーカーが欲しくてずっと探していて、定番人気はナイキのエアフォースだと思うのですが、私にはなんとなく合わず、このリーボックが一番しっくりきています。あまり履いている人もいないので、それもリーボックをよく履く理由です。汚くなったら、買い替えちゃうって感じで、こちらは二足目です。色違いの黒も持っています。

 

穂高律子の定番グツ! ②黒のReebok(リーボック)スニーカー

黒のReebokはパリに旅行に行ったとき、Nous(パリのセレクトショップ「colette(コレット)」の元スタッフが出した新しいお店 ※coletteは2017年末閉店)で見つけたスニーカーです。これもメンズなのでちょっと大きいのですが、大きめで履くのが好きなので気に入っています。黒のスニーカーをたくさんもっているのですが、素材感とかロゴの色などちょっとずつ違う感じのものを山盛り持っています(笑)。人からみたらすべて同じ黒のスニーカーだと思うのですが、自分の中では服によってそれぞれ使い分けています。

靴がシンプルな分、靴下に色があるものを持ってくることも多いですね。この靴下は私のお客さまのブランドでComme Siと言って、わたしもいつもlookbookのヘアメイクをやらせていただいているのですが、日本からも購入可能なのでぜひチェックしてみてください。 履き心地がとてもよく、カラーバリエーションがオシャレで、オシャレニスタの間でじわじわと人気がでています。

 

穂高律子の定番グツ! ③ZARAのブーツ

ブーツは2年前くらいに買ったZARAのもの、スタッズの感じが好きで休みの日に履いています。ニューヨークにきてからは歩くことが多く、撮影などに行く際自分で重いキャリーケースを引っ張って行く必要があります。仕事の時は動きやすさ重視で、ほとんどスニーカーばかりになってしまったのですが、サロンワークで大人のお客さまが来る日はブーツやローファーも履いたりします。

 

穂高律子さんがよく買い物をするショップを教えてください!

コロナ以降オンラインでのショッピングが必然的に増え、いろいろなサイトを見て買っています。アメリカは返品可能なことがほとんどなので、みんなたくさんオーダーして、試して嫌だったら返す人がほとんど。靴のサイズ交換も、すぐ返送してすぐに新しい物のが届くので、売り切れてしまうアイテムはまずオーダーして試着したりしています。

 

ネット通販のおすすめ

1.Sporty & Rich
元KITH NYCのレディースを担当していたデザイナーの新しいブランドで、最近お気に入りのショップです。オンラインで買っているのですが5分とかでsold outしてしまうのでいつも必死です(笑)。ストリートスタイルとサスティナブルな最近の私の気分と合うのもあり、よく購入しています。

2.CENDRÉ JEWELLERY 
オーストラリアのアクセサリーブランド。安くてかわいいので好きです。

3.BETTUNIKA
彼女の陶芸作品がとても好きです。なかなか買えないのですがいつか欲しいものばかり! 私自身もずっと陶芸に挑戦してみたいと思っています。

 

リアル店舗のおすすめ

4.The Somerset House
最近ウィリアムズバーグというブルックリンでもお店が色々あるエリアに引っ越したので、休みの日は家具巡りしています。最近ベッドフォードにオープンしたこのインテリアショップ。とてもおしゃれです!

5.MOCIUN
こちらもベッドフォードにあるお店で、花瓶や器などを見によく行きます。

 

まだまだコロナ前のニューヨークとまでいきませんが、人数制限付きでレストランや美術館なども少しずつ開き、徐々に前の生活に戻れるようにみんな頑張っています。 私だけでなくすべての人の働き方もガラッと変わり、ライフスタイルを重視したり、見直している人が多くなっていると感じています。私自身も、自分の人生や生活をもっと大切にしていきたいなと思いました。

Instagramやnoteでニューヨークの情報とか美容事情なども更新していますので、ぜひチェックしてくださいね!

文章:穂高律子

穂高律子[Three Degrees Salon/(アメリカ・ニューヨーク)]

ほたかりつこ/1982年7月25日生まれ。岩手県出身。日本美容専門学校卒業後、東京・表参道のDaBを経て2010年macaroni coastにオープニングスタッフとして参加。2016年に渡米し、現在は雑誌やブランドの撮影やブライダルのヘアメイク、ファッションウィークのバックステージにも参加しながら、Three Degrees Salonにてサロンワークを行う。
Instagram:@ritsuko725

月刊BOB編集部

AUTHOR /月刊BOB編集部

この記事が気に入ったらいいね!しよう
Facebook Twitter Line

PICK UP BLOG

\ ボブログTV 公式SNSで最新情報をゲット! /